kickの厚みを考える

IMG_20160117_115431.jpg

kick。トントン鳴ってるか、ドゥンドゥン鳴ってるか、雲泥の差がある。

この前上げた動画、作っているときにはドゥンドゥン鳴ってたのに、ツベに上げて車で聞いてみたらトントンとしか鳴っていない。試しに購入したベース寄りの曲を流すとちゃんとドゥンドゥン鳴っている。

この差はなんなのか。

調べてみるとOnibabako’s Owndさんのトコで詳しく書かれていた。詳しすぎてここでわざわざ記事にしなくてもいいくらい。

kickのことだけ要約すると

  • だいたい50Hzを立ち上げる
  • 下と上の二つを重ねる場合、境界線は80Hzあたり
  • Tシャツの裾を震わす35Hzをブースト

あとは苦行。

kickの厚みを考える” への1件のフィードバック

追加

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com.

ページ先頭へ ↑